会計事務で知らぬ間に無駄な作業をして時間がかかっていませんか?
一度ご検討、ご相談ください。
翌月1週目までには前月の試算表を見たいのに、事務処理に時間がかかって月末近くになってしまう、前任者がやってきたことをそのまま引き継いでいるので正しいやり方かどうかわからない、振替伝票を手書きするのに時間がかかってしまう、会計ソフトの他にエクセル表で管理している項目がある、会計ソフトにデータで取り込めばよいのに、手入力をしている、会計ソフトの機能を知らないので使いこなせていないetc

翌月1週目までには前月の試算表を見たいのに、事務処理に時間がかかって月末近くになってしまう、前任者がやってきたことをそのまま引き継いでいるので正しいやり方かどうかわからない、振替伝票を手書きするのに時間がかかってしまう、会計ソフトの他にエクセル表で管理している項目がある、会計ソフトにデータで取り込めばよいのに、手入力をしている、会計ソフトの機能を知らないので使いこなせていないetc。

今までこんな事例を解決しました

事例1
1日かかっていた作業がわずか30分で済むようになりました。
売掛管理システムから弥生会計へ1か月の売上伝票、売掛金回収を手入力していましたが、データに吐き出して弥生会計へ取り込む提案をしました。1日かかっていた作業がわずか30分で済むようになりました。
事例2
仕訳も起こさず、年末調整も簡単にできるようになりました。

給与はエクセル管理をしていましたが、弥生給与を導入し、弥生会計へ連動することで間違いもなく、仕訳も起こさず、年末調整も簡単にできるようになりました。

事例3
自動仕訳を起こせるようになりました。

手形台帳を手書きで管理していましたが、弥生会計についている手形管理を使うことにより、自動仕訳を起こせるようになりました。

事例4
売掛管理と請求書発行、弥生会計へデータの連動もできるようになりました。

エクセル表で請求書を出していましたが、弥生販売を導入することで、売掛管理と請求書発行、弥生会計へデータの連動もできるようになりました。

事例5
弥生会計を導入することにより、手書きすることがなくなり、早く試算表ができるようになりました。

手書きの振替伝票と手書きの総勘定元帳から試算表を作っていましたが、弥生会計を導入することにより、手書きすることがなくなり、早く試算表ができるようになりました。

事例6
建設大臣を導入することにより、現場管理ができるようになりました。

建設業の場合、現場ごとの粗利益が知りたいが、現場管理がうまくできていませんでしたが、建設大臣を導入することにより、現場管理ができるようになりました。

事例7
資金繰りがよくわかるようになりました。

建設業の場合、未成工事現場の管理と完成振替が自動でできるようになり、資金繰りがよくわかるようになりました。

事例8
入力作業が大幅に短縮できました。

弥生会計、建設大臣の検索機能、伝票複写機能を知らなかったため、時間がかかっていた入力作業が大幅に短縮できました。

現在作っている資料、入力作業を教えてください。何かしら改善点があると思います。会計作業はほぼ毎月同じことの繰り返しです。パターン化すれば手間はかかりません。