キャッシュを残すための不動産会社の会計・税務

次のような心当たりありませんか?

当事務所では以下のようなお悩みをご相談いただきます。

きちんとした損益を把握できていないばかりに起きてしまう問題ばかりです。
また、以下のようなご要望もいただきます。

不動産の税金は仕組みが複雑です

不動産の税金は仕組みが複雑です

ほかの資産と比べると、不動産は金額も大きいので、上手に税金対策すればキャッシュも多くなります。

例えば、不動産の現物出資。
会社設立時や増資の際にも利用できる方法ですが、相続税対策まで考慮した場合、一般的に土地は個人で所有し、建物を現物出資の手法で法人所有する形が望ましいです。

さらに現物出資の場合、不動産鑑定士の鑑定評価が必要となり、注意が必要です。

不動産会社の方はしっかりと税金対策をしましょう

相続税・贈与税・法人税・所得税・消費税まで考慮して総合的な対策をしませんか?

最大の経費「人件費」の管理が重要です

相続税・贈与税・法人税・所得税・消費税まで考慮して総合的な対策をしませんか?

法人・個人、それぞれに掛かる税金や経費などを考慮することはもちろん、相続対策、事業承継にも対応しています。を把握する必要があります。

その前提となるのが「工事日報」です。

所長であり、公認会計士・税理士の山崎隆弘がすべてのクライアント様の話を直接お伺いしています。

経営についてのご相談も承っており、総合的に判断して貴社に企業にとって最適な対策をアドバイスさせていただきます。

お気軽に無料相談をご利用ください

不動産会社の会計・税務に関するお問い合わせを受け付けております。
初回のご相談は無料ですので、お気軽にご連絡ください。

  • キャッシュを残す方法を知りたい
  • 詳しい話を聞きたい
  • 経営を見直したい

など、疑問点・不明点など、お電話またはメールで受け付けております。

セミナー講演